ソファー 配送 料金

ソファーの配送が格安な業者を探す方法

ソファー 配送

ソファー 配達

ソファー 輸送

ソファー 送る


ソファーは意外と重くて大きいので、自分の車で運ぶのは大変です。
ソファーを運んでくれそうな業者といえば、大手の宅配業者、引越し業者、便利屋などが思い浮かびます。

大手の宅配業者にソファーを運んでもらうには、同一県内で10000円〜30000円かかります。
東京から大阪間なら、12000円〜34000円ほどかかります。
※値段に差があるのはソファーの大きさや重さの差です。

便利屋でソファーを運んでもらう時は、作業員2人と車代と出張費合わせて13000円(1時間)ほどです。

この金額が高いのか安いのか、比較できるものがないとわかりません。

実は引越し業社でもソファーだけを運んでくれる業者もあります。

ソファーを運んでくれる引越し業者を探すなら、200社以上が参加している引越し業者一括見積もりがオススメです。

大手から地元の引越し業者まで、1回の入力で最大10社から見積もりを取ることができます。

冷蔵庫だけ、洗濯機だけ運んで欲しいという単品での見積もりも可能です。

何社か比較してみなければ1番安い業者を探すことはできません。
簡単便利なうえ利用料は無料ですので、ぜひご活用ください。

引越し見積もり





複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい

・クロネコヤマトの引越が人気

クロネコヤマト

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見





引越し費用と時期の関係


引越し 時期


引越し業者には繁忙期があります。
この時期はどこの引越し業者も猫の手を借りたいほど忙しい時期です。

引越し業者の繁忙期は3月前後です。
この時期は受験を終えた新大学生、就職した新社会人が一斉に新学期に向けて移動する時期なのです。

さらに企業の人事異動で転勤が言い渡される時期とも重なっており、てんやわんやです。
これに通常の引越しも加わるのですから、引越し業者は仕事が終わらない日もあるため依頼をことわざる得ない日が出てきます。

引越し業者もスタッフを増やして対応するため、この時期の引越し費用は他の月よりも高めです。
ソファーだけ、ベッドだけ、冷蔵庫だけを運びたい場合も高めになります。

できれば繁忙期は避けることをオススメします。


引越しの手順


引越し 手順


引越し業者に見積もりを取るタイミングは、新居が決まってからがオススメです。
なぜなら新居の階数やエレベーターの有無などの情報がなければ、正確な金額を出すことができないからです。

荷物はあまり使わないものや季節外れの洋服などから、どんどん梱包していきましょう。
そして不用品はできるだけ引越し前に処分してくださいね。
荷物が多ければ多いほど、引越し料金が高くなるので計画的に処分して荷物をできるだけ減らしてください。

市外への引越しなら「転出届」を市町村役場に提出します。
これは引越し日の2週間前から提出することが可能です。
ついでに国民健康保険や国民年金、児童手当など役所関係のものがあれば、住所変更について必要なものがないか聞いておくと無駄がありませんね。

電気・ガス・水道は引越し日までは前の住所で使えるようにしてもらい、その日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しておきましょう。
詳しいことは会社によって異なりますので、電話で確認してください。
もし同じ市内での引越しなら、引越し日からは新居でライトやシャワーが使えるようにしてもらってくださいね。

引越ししたら郵便物が届かなくなったでは困ります。
最寄りの郵便局に行って、引越し日からは新居に荷物を転送してもらう手配をします。
1年間は郵便物を新居に転送してくれるので、その間に引越しした新住所を知り合いに伝えておきましょう。

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示します。前もって決めておいて見えるようにしておくとスムーズです。
引越し業者が運べないものや、自分で運んだ方がいいこともあります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運んでくださいね。

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。
これで選挙など役所からのお知らせが届くようになります。

そして引越ししてから運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きを行ってくださいね。


ソファーをレンタカーで運ぶ


引越し レンタカー


レンタカーのトラックを借りて、ソファを運べば運送費用が安くなるのでは?
ちょっと頭をよぎりますが、実際はどうなのかシュミレーションしてみましょう。

まず普通免許で借りることのできるトラックは2t未満ですから、1tか1.5tか軽トラックのいずれかになります。
荷台のサイズはだいたい以下のとおりです。

・1tトラック(バン)は長さが2800mm・幅が1300mm・高さ が1300mm・最大積載量が1000kg
・1.5ttトラックは長さが3120mm・幅が1620mm・高さが380mm・最大積載量が1500kg
・軽トラックは長さ が1800mm・幅 が1100mm・高さ が1200mm・最大積載量が350kg

ほかに運ぶものがない・トラックの運転に自信がないなら、小回りの利く軽トラックがオススメです。
レンタル費用はどのトラックも1日7000円程度から借りることができますが、それ以外に使った分のガソリン代も必要です。

ここで問題となるのが運ぶ距離です。
遠距離になると往復の交通費やガソリン代がかかるのでもしかしたら、宅配業社の家財便のほうが安いかもしれません。

レンタカーは借りた営業所と違う営業所にトラックを返却することも可能ですが、その場合は結構高額な手数料がかかります。
トラックをレンタルしてソファを運ぶ場合は、近距離の場合にしておきましょう。


引越し料金のしくみ


引越し 費用 仕組み


引越し料金は引越しスタッフに対する人件費、トラックや高速代やガソリン代などの交通費、エアコンやウォシュレットの移設やハウスクリーニングなどのオプション代の合計金額になります。

しかしそんなに単純な話でもないのです。
なぜなら引越し料金を決める要素には、建物の何階の引越しなのかやその物件にエレベーターはあるのか、トラックを停車する場所は近いのかなどでも変わります。
言い換えると「誰一人として同じ条件で引越しすることはない」ので、すべてがオーダーメイド、カスタマイズの引越しプランとなるわけです。
だから引越し業者のホームページに引越し料金は記載されていないわけです。

さて、引越し費用を安くするには複数の引越し業者から見積もりを取って比較するのが一番です。

しかしその前にできるだけ荷物を減らしておきましょう。
荷物が多いとそれだけ引越し時間が長く、多くのスタッフを要します。
不要品はできるだけ処分してから引越し業者に見積もりを取りましょう。

現状とかけ離れた条件、例えばダンボール20個の予定が30個になったなどの条件で一括見積もりをすると、引越し当日にトラックにすべて入りきらなかったり、追加料金が発生したりと良い事はありません。
トラブル回避のために、見積もりの依頼は正直に記入してください。


引越しと粗大ごみの処分方法


引越し 粗大ごみ


粗大ごみとは一辺が50cm以上あるものや、重さが10kg以上のもののことです。
もしソファーを処分したい場合も、粗大ごみになります。

粗大ごみを処分できる施設はリサイクルセンターやリサイクルプラザなどですが、施設の名称は各自治体によって異なりますので、HPで調べてくださいね。

さて粗大ごみを処分する方法は2通りあります。
@回収に来てもらう方法(有料)、A自分で持って行く方法(無料)です。

@回収に来てもらう方法


まずリサイクルセンターに電話をして、粗大ごみを回収に来てもらう日を予約します。
つぎにスーパーやコンビニで「粗大ゴミシール」を買って、捨てたいものに貼り付けます。シールは粗大ごみ1つにつき1枚必要です。

この粗大ゴミシールは回収手数料となりますので、捨てたいものによって値段が違います。
あとは指定日時までに指定場所に置いておけば、専門業者が回収に来てくれます。


A自分で持って行く方法

自分で粗大ごみを持って行く場合でもリサイクルセンターへの電話予約が必要です。
いつ何時にどんな粗大ごみをいくつ持って行くか伝える必要があります。
粗大ごみを処分するには少し時間がかかるため渋滞回避のために予約制なのです。

あとは予約した日時にリサイクルセンターに粗大ごみを持っていきます。このとき捨てる前と後に車の重さを量り、処分した粗大ごみの重さを計算します。

100kgを超えると数百円の手数料が必要になります。
自分で持って行く場合(個人の場合)は粗大ごみシールを貼る必要はありません。

ここでひとつ注意しなければならないことがあります。

家電リサイクル法で定められた家電はエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などは粗大ごみと同じ捨て方ではありません。

これらを処分したいときは家電を購入した家電量販店でのリサイクルが必要なのです。
しかし、もしお店が近くない場合やすでに閉店している場合は、お住いの自治体のリサイクルセンターに相談してみましょう。